学校のこと

プリンセスリリーについて

学園の公式マスコットキャラクター プリンセスリリーはリリー王国の王女様です。学園創立60周年を記念して誕生しました。リリーのどの幼稚園や保育園に行っても会うことができます。おてんばなスタイルと、王室正装のスタイルがあり、もちろんリリーベール小学校でも子ども達を見守っています。学校のどこにおられるかはお楽しみ。ぜひ見つけてくださいね。

プリンセスリリーは8歳でリリーベール小学校に通っている設定ですが、初代学園長大久保久子の幼少期をモデルにしています。おてんばで木登りが得意、弟の面倒見がよく、がまんづよくやさしい子です。最近弟のプリンスベールも登場しました。校内のショップでは、キャラクターデザインのクリアファイルやトートバッグを求めることができます。

リリーベール小学校には、プリンセスリリーの他にも、学校のエントランスに2頭のライオン(ランディとサンディ)、チェルシーレーンの入口に2頭の犬(ジョンとメイ。いずれも児童の公募により命名されました。)の銅像がおります。

2012年、これらの動物をテーマに、ミュージカル「図書室の魔女」(劇団クリエ主宰・講師の上原先生が6年生の原案を元に制作した作品です)が制作され、5、6年生によってクリスマスアッセンブリーで上演されました。

プリンセスリリーと動物たちは4羽のふくろうのデコレーションとともに、毎日子どもたちの安全と、健やかな成長を祈って見守ってくれています。