日々のリリーベール

3年 昔のくらし体験 ・ 6年 租税教室

3年 昔のくらし体験 ・ 6年 租税教室

本日は,水戸市立博物館の方々が来校し,3年生を対象に「昔のくらし体験」を行いました。
博物館の方の説明を聞いた後,グループに分かれて,さっそく体験開始!
ちゃぶ台,炭火,ゆたんぽ,黒電話などの体験では,当時,さまざまな道具がどのように使用されていたのかを教えて頂き,一昔前の生活を疑似体験しました。
「テレビで見たことある!」「時代劇みたい!」と,児童たちの目には,別世界の道具として映っていたようですが,実際に触れていくと,今の生活との繋がりが見えてきたようで,「この時代の生活も楽しそうだな!」という感想も聞こえてきました。
20180302a030.JPG
20180302b057.JPG
20180302c066.JPG
20180302d080.JPG

アイロン体験では,電気アイロンになるまでの歴史を学び,各自が持参したハンカチを丁寧にアイロンがけしました。
昔のアイロンでも,綺麗にしわが伸びると,「できた~!まだ温かいです!」と笑顔で報告してくれる姿も!
20180302f091.JPG
洗濯体験では,外の寒い空気と,冷たい水に格闘しながらも,洗濯板を使用して一生懸命に手洗いをしました。
「大変・・・」と呟いていた児童も,石鹸の泡が増えてくると,にっこり笑顔が見える一面も!
便利な現在の生活に慣れてしまっている児童たちですが,今と昔の生活の違いについて,体験を通して楽しく学ぶことができたようです。
20180302e016.JPG
また,午後からは,6年生を対象に「租税教室」が実施されました。
税理士さんから,税金のしくみについて説明して頂き,さらにビデオを見ながら,税金の使いみちを詳しく学ぶことができました。
「もし税金がなかったら・・・?」警察や消防が機能しない・・・道路が整備されない・・・といった私たちの生活に大きな弊害が出ることを知り,いかに税金に支えられているかということを実感した児童たち。
20180302g002.JPG
さらに,公立小学校に通うための10人分の教育費を,見本のお金で体感することもできました!
税金の大切さはもちろんのこと,自分たちが主体的に考えていく必要があることに気づくことのできた貴重な機会となりました。
20180302h035.JPG
本日,お忙しい中ご来校頂きました水戸市立博物館の皆様,税理士の皆様,本当にありがとうございました。